妊婦はなぜ免疫力が低下するのか

妊娠と免疫力にはどんな関係があるのか

免疫力

よく免疫力が落ちると病気になりやすいと言われていますが、そもそも免疫力とは何なのでしょうか?

簡単に言うと私たちの体の中にある、病原菌などに対抗する力の事です。
それがなぜ妊娠中は低下してしまうのでしょうか?

女性にはもともと女性ホルモンと男性ホルモンの両方が備わっており、二つのホルモンがバランスよく働いている事で健康な体を維持できているのですが、妊娠によって通常よりも女性ホルモンが多く分泌され、そのバランスが崩れてしまうのです。

妊娠によってホルモンバランスが崩れ、それが原因で免疫力が落ちてしまうのです。
よく更年期などの症状で体調を崩したり、不快な症状が出てくるのも、ホルモンのバランスが乱れて免疫力が低下した事が原因で起こります。

また免疫力が低下する理由として、通常の健康な体では体に入った病原菌などの異物は、免疫力によって排除されるのですが、妊娠中も体に宿った胎児を異物とみなして攻撃してしまう事があるのです。

それを防ぐために体は妊娠中の免疫力をわざと低下させて赤ちゃんを守っていると考えられています。

悪阻なども、体が胎児を異物とみなしてしまうために起こる拒否反応と言われています。

免疫力が低下するとどうなるの?胎児への影響はあるの?

免疫力が低下すると体の中に入った病原菌を排除する力が弱くなってしまうので、風邪やインフルエンザになりやすくなったり、一度病気にかかると治りにくくなって重症化しやすくなってしまいます。

胎児への直接的な影響はありませんが、母体が病気によって衰弱すると十分な栄養が胎児にいかなくなる恐れもあるので気をつけましょう。

妊娠中は飲める薬も限られているので、一度病気にかかると大変です。
→不正出血との原因とは?妊娠中に気をつけて置くべきポイント!

免疫力をあげて妊娠中も健康に過ごすためには

妊婦

よく不規則な生活や食生活が乱れると免疫力が低下するといいますよね。

通常の体でもそうなのですから、妊娠中は普段よりも日常生活に気をつけて生活する事が大事です。

基本的な事ですが、早寝早起きを心がけましょう。
妊娠をきっかけに仕事を辞めたり、お腹が大きくなると寝苦しいため、ついつい夜更かしをしてしまう事もあると思いますが、朝、早起きをして朝日を浴びると体の免疫力が高まるといいます。

食事も免疫力を上げるものを積極的に食べましょう。

納豆やヨーグルトなどの乳酸菌が豊富に入っている食品は腸内環境を整え、免疫力を上げてくれると言われています。

逆にチョコレートやアイスなどの甘いものは食べ過ぎると腸内環境を悪化させてしまうので食べすぎには注意しましょう。

そして一番大事なのはストレスをためない事です。ストレスは免疫力を下げる一番の原因です。

どんなに普段の生活を気をつけていてもそれがストレスになってしまっては意味がありません。
食事などは足りない栄養素はサプリで補うなどして、無理をせずにマタニティーライフを楽しみましょう。

妊娠中なら葉酸サプリは必須です。
葉酸サプリなら美的ヌーボがおすすめです。

葉酸サプリ参考サイトはこちら⇨ベジママの口コミを信じたら危険?口コミまとめと安全性調査